fc2ブログ
1918年から大流行したスペイン風邪の時の死者に占める割合は、10代から30代の比較的体力のある若者がとても多かったそうです。
毎年流行がみられる季節性のインフルエンザの場合は、子供や高齢者等の体力のない人達によくみられます。
ではなぜ、新型インフルエンザは、通常のインフルエンザと違い、若年層に被害が大きいと言われているのでしょうか?

それは「サイトカインストーム」という現象を起こすからだ、と一般的には考えられています。
サイトカインストームとは、体内で過剰な免疫反応が起こり、それによりアレルギー反応に似た症状が起こってしまい、最悪の場合は死に至る作用のことをいいます。
身体には本来から持っている、病原体と戦い身体を守る「免疫機能」というものが存在します。
その免疫機能が、ウィルス感染等により極端に強くなってしまい、自分自身の身体にある正常な細胞を破壊してしまい、重病化、あるいは死に至るといったことが体内で起こると考えられます。

しかし現在、サイトカインストームに対する治療法も予防法も分かっていません。
通常は免疫の過剰反応を抑える薬である「ステロイド」という薬を使いますが、鳥インフルエンザの患者にステロイドを使用した場合、逆にウィルスが増えたという結果があり、WHOでは禁忌としています。
「スタチン(脂質異常症治療薬)」は効果があるという報告もありますが、これはまだ調査段階です。

現時点で大事なことは、若者や働き盛りの年代においても、新型インフルエンザというのはとても深刻な問題であるというように認識することです。
自分は身体がとても丈夫であるし、若いので大丈夫だろう、と勝手に思って、あまり意識していない人達に問題があります。
日用品を備蓄したり、マスクを購入したりする等の準備をしていないと、大流行後にとても大変なことになります。
たとえ若者であっても、死に至る危険があるのだということと、そのために、今から準備することが必要であること等を再認識させる必要があります。


緊急入荷、今ならサージカルマスクはこちら【おすすめケアショップ】で取り扱っております。

新型インフルエンザのブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



「新型インフルエンザ」が発生した場合、一番の対策としては「外出をしないこと」です。
それに備えてアメリカでは、「ドライブスルー方式」でのワクチン接種の訓練まで行っているそうです。
既にアメリカのドラッグストア等では「ドライブスルー」が一般的になっています。

またアメリカでは、鳥インフルエンザから作った「プレパンデミックワクチン」を、国民全員の数量を用意したとしていますし、さらに、接種順や配布順を決めています。
日本では、未だに国民の約6分の1程度分しかプレパンデミックワクチンが用意されておらず、その対策の違いは歴然としています。

また、人工呼吸器が数多く必要になるとして、アメリカでは予備の人工呼吸器もたくさん準備しています。
さらに、それでも人工呼吸器が足りなくなる場合を想定して、呼吸器の優先順位を決め、助かる見込みの大きい患者から優先的に人工呼吸器を使うということまで決めています。
また医療関係者がそれらに対して罪悪感を覚えなくても済むように、「メンタルトレーニング」をしていると言います。

しかし日本では、人工呼吸器の予備すら用意されていないという現状です。

また、新型インフルエンザが発生した際、アメリカでは若者が優先と決まっています。
これは今現在、若者が重症化すると考えられるからです。

治療薬の「タミフル」に対する備蓄も、アメリカでは全国民分、日本では全く足りない状態です。

日本に比べ、アメリカ以外の諸外国でも、新型インフルエンザ対策が進んでいるところが数多くあります。

日本は、議論ばかりが長引き、実際の行動に移す時間が遅くなっているではないかと思われます。
新型インフルエンザに対しては、すばやい対応が求められるため、今の段階から先へ先へと予想しながら対策を練ることが一番重要だと考えられます

緊急入荷、今ならサージカルマスクはこちら【おすすめケアショップ】で取り扱っております。

新型インフルエンザのブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ